So-net無料ブログ作成

2017年2月20日のひとり言 [ブログ]

image1.JPGこんばんは。この頃は、1ヶ月に一回更新できればいい方の、そうじろうです(汗)

相変わらず、「八葉門」創作は止まったままです(苦笑)
取り敢えず、何かしら「創作」に関係できるような行動をと思い、読みかけてたままの「教団X」の続きを読み始めました。
2/3位は読んでいたのですが、昨年10月から何やかんやとあり、今年に入りましたが、1月の半ばに亡くなった実父の母(私から言うと祖母)も他界してしまいまた…(大汗)

100歳の大往生でした。

ヘルニアは相変わらず、ぼちぼちです。

で、「教団X」の感想はと言うと、当初の目的である「八葉門」への応用(参考)部分を探す…でしたが、別物といった感じでした(汗)


「教団X」は人間物語といった感じで、教祖が自分が望む最期を紡ぎ出し、其れに主人公やみんなが巻き込まれる物語で、「人間」が主たる存在だったと、私の感想ですが…

「八葉門」は、「神」と「その後継者と従者達」が、それぞれの「人間」に関係して、「神」が望む最期を紡ぎ出す物語で、「神」「その後継者と従者達」が主たる存在…そんな感じです。

キャラ設定の濃密さは、断然「教団X」でした。プロとアマの差ですね…(汗)

キャラクターが言いたいことを言いすぎている、作者が言いたいことを言わせすぎていると初めは感じましたが、後半それが意味ある事だと感じました。さじ加減は、それくらいがいいと言うわけですね。

なかなか、難しいです(汗)

「八葉門」には、そこら辺は抑えめにしてありますんで、キャラ設定は弱いと感じられますね。かと言って、自分なりにはそれぞれの「あく」の強さは出したつもりですが…

まぁ、まだまだ道半ばという感じです。とにかく、「八葉門」の創作再開をと考えています。

取り敢えず、今日はこの辺で。後日。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。